生活家電のAI機能って実際どうなのよ?

この記事は、汎用マイコンにAIを実装することを目的にした内容のようです。

ednjapan.com

実際、最新の生活家電でもAI機能が組み込まれた製品が販売されている。例えば、洗濯機では「AIが洗い方や時間を自動で判断して、細かく設定」といった具合に、カタログに書かれている。

 しかし、残念ながら汎用マイコンの能力ではディープラーニング(深層学習)を含むAIのフル機能を実装することはできない。

 では、汎用マイコンが組み込みシステムの中で、どこまでのAI機能をサポートできるのだろうか? そして何ができるのだろうか? 

 たしかに、特に家電とかのAI機能の実際ってわかってなかったりするので、面白そうな記事だなと思いました。

 

いろいろ勉強しなきゃなと思います。

仕事に喜びを

半沢直樹を見ていると、上(役員とか)にいくことが目標というかゴールというか、そんな会社が描かれていますが(半沢自身は違うっぽいけど)、そんな仕事ばかりじゃないですよね、とこの記事を見て思いました。
xtech.nikkei.com

「自分で手を動かして開発の仕事がしたい」、「ソフトを自分でつくりたい」、「ハードを自分で設計したい」と考えているにもかかわらず、トヨタでは「調整業務、会議が多い」、「自分の時間がなかなかない」、「このまま年をとると、自分はエンジニアとしてダメな人になってしまう」という不安が多くあるようです。

 

何かができるようになる喜び。

 

何かを作り出す喜び。

 

誰かの役に立つ喜び。

 

そんな喜びを会議で間接的に感じるのではなく、自分で直接感じたい。 

 

そんな喜びにがある仕事がしたい。

 

設計者の人は「もっと自分でたくさん部品を設計できるようになりたい」、実験の人は「もっと自分で部品を変えて実験したい」、生技の人は「工場と一緒になって、現場で設備をつくりたい」と言う。みんな汗をかいた現地現物の仕事にすごく飢えているんですよね。

 

 はやくコロナが収束しないかなぁ。。。

「ずれ」を英語で

「ずれ」を英語で何というか調べようとした。

f:id:shibazonobashi:20200625194001p:plain

ほしいのはGapではないんだよなーと思い、アルクで調べなおしたら。。。

eow.alc.co.jp

 

使いたいやつがみつかった、かも!

eow.alc.co.jp

misalignment
【名】
照準ミス、狙い損ね、不均衡、アンバランス、ずれ、外れ

 何事も勉強です。

AWSは自社サーバシステムの「空きスペース」を他社に開放しているだけ!?

monoist.atmarkit.co.jp

AWS(アマゾン ウェブ サービス)に関する面白い記事だったので、メモ。

AWSが高収益とシェアを獲得できている理由◆

では、AWSはなぜこれほどの高収益シェアを獲得できているのでしょうか。

それはコスト競争力が段違いに高いからです。

理由その1:コスト構造の違い

 競合他社はクラウドインフラサービスを提供するためにサーバシステムを構築しています。ゆえに、その設備投資に準じた利用料を請求する必要があります。対して、AWSは自社のEC事業のために構築された巨大なサーバシステムの「空きスペース」を他社に開放しているに過ぎません。EC事業で設備投資費用をある程度回収できているのだとすれば、クラウドインフラサービス事業のコスト構造が他社とは根本から異なるといえます。実際、AWS過去10年間で70回以上の値下げを敢行し、そのたびにシェアを拡大してきましたが、収益性は高水準で維持されています。

理由その2:機能の先進性

 AWSは、単に安いだけではありません。仮想サーバ(EC2)、ストレージ(S3)、リレーショナルデータベース(RDS)、データウェアハウス(Redshift)といったITインフラの構築に必要な機能がそろっており、顧客の要望に広く応えられることも特徴といえます。2017年には、1400回を超えるバージョンアップを実施するなど、機能の先進性を維持・強化するための取り組みにも積極的です。結果として、「AWSであれば、常に最新の機能を利用できる」との評価を得るに至っています。

理由その3:セキュリティ対策

 セキュリティ対策も盤石です。ISO 27001、SOC、PCI DSSといった認証を取得するだけではなく、DDoS保護サービス(Shield)や仮想プライベートクラウドVPC)の提供も行っています。セキュリティ対策コストが年々増加していることもあり、情報漏えいを防ぐために、自社サーバからAWSにデータを移管した企業」も少なからず存在します。三菱UFJフィナンシャルグループは、メガバンクとして初めてクラウドを本格活用するに当たりAWSを採用しましたが、セキュリティの堅牢性を十分に検討した上での判断であったことは間違いないでしょう。

 

罰ゲームのようだった改善活動

面白い記事を見つけたのでメモ

https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/2006/16/news072.html

monoist.atmarkit.co.jp

 

以下、引用

「私もそうだったが、現場のリーダーなど改善活動を進める立場からするとネガティブに捉えがちだった。『通常業務で忙しいタイミングなのに面倒』や『なぜ自分の部署がやらないといけないのか』『データ収集や分析を誰に担当させようか』など、煩わしさから不満が生まれ、一種の『罰ゲーム』のような捉え方をされていた

「1週間に1回の進捗報告会があり、こうした活動も負担となっていた

「当時は生産管理板に生産個数や停止時間の測定結果などを手書きで記録していた。手書きでは作業者が複数台を担当している場合、時間ぴったりで記録するのは難しい。また、記入漏れが多く、記録の数値の信頼性が低いという問題があった」

「とにかく対象機器にずっとはりついて時間を計測しなければならず、負担が大きかった。その割にデータの信頼性が低いために『測り方が悪い』というような話にもなり、労力の割に報われない印象だった。また、現状把握にとにかく時間がかかり、重要な改善活動の時間が作れない状況も生まれていた」

「本来は毎日ラインストップミーティングを行い、アクションを次々に起こしていく必要があるが、そのためには前日の作業内容を分析して提示する必要がある。しかし、手書きの記録を集めてデータを計算してグラフ化して出すような作業を毎日行うことは到底できなかった」

改善活動がどんどん嫌になるような状況が生まれていた」

 

会議を描く技術、グラレコ

メモ

toyokeizai.net

...
簡単に言えば、ホワイトボードや大きめの模造紙にイラストや図を使って会議の内容を見える化するファシリテーターや板書係の手法のことです。
...
リアルタイムに思考を見える化する技術――つまりグラレコは情報の共有がしやすくなる、参加意識が高まる、創造性が高まるといった理由から、1960年代から欧米の多くのビジネスシーンで活用されてきました。
...

 

aws.amazon.com

 

www.awsgeek.com

復刻版ゲーム機でたどる半導体30年の進化

おもしろい記事だった。

eetimes.jp

子供の頃、欲しかったゲーム機が復刻版で出ているのを何度か見たことがある。

買おうと思えば買えるかもしれないけど、我慢しているし、我慢できる。